いびきが治療で治る?症状や治療方法について公開

いびきを改善するための情報サイトです。

いびきの種類と特徴

寝ている時にゴーやガーといったような音を立ててしまういびき。人に聞かれてしまうと少し恥ずかしい思いもしますよね。しかし、自覚症状があるかないかは別としていびきをかいている人というのは非常に多いです。では、いびきとはどのような仕組みで起こっているのでしょうか?まずはメカニズムを理解しましょう。

いびきはどのようにして起こるのか?

いびきは、その症状によって3種類にわけることができます。
一つ目は単純いびき症です。いびきと言われてイメージ出来るような通常のいびきで、本人には自覚症状がなく睡眠も十分にとることが出来ます。特に健康には支障のないタイプのいびきで、常に起こるというよりは状況や体調によって起こる一過性のものです。
二つ目は上気道抵抗症候群の症状として現れるものです。上気道が狭くなって、そこを空気が通ることで空気の抵抗がおき、音が鳴っていびきが起こります。空気が通りづらくなりますので呼吸をするのに強い力が必要になり、よく眠ることが出来ません。疲れが取れなかったり、昼間でも眠いといった症状に悩まされます。心臓病、糖尿病などの内科的な病気の初期段階の症状として起こることがあるいびきですので、自覚症状があり、心配なことがあるのであれば一度医師の診断を仰いでみるのもおすすめです。
三つ目は、睡眠時無呼吸症候群の症状として現れるいびきです。睡眠時無呼吸症候群は、睡眠中に気道が塞がってしまうことによって呼吸が上手くできなくなってしまう症状です。寝ている間に呼吸が止まってしまうので身体に大きな影響が出ます。途中で起きてしまい、よく寝られず疲れが取れない、昼間にも眠気が残る、頭痛が起きるなどの症状を伴います。健康にも影響を与えてしまういびきですので、自覚症状のある方は病院に行かれたほうが良いでしょう。
一口にいびきといっても、このようにそれぞれ症状は違いますし深刻度も違います。自分の症状によってはただのいびきと放っておくのではなく、きちんとした治療を受ける必要があります。

病気と関係のあるいびきもある!?

いびきと聞くと、そんなに深刻なものではないと考える方が多いかと思います。ですが、いびきにも様々な種類のものありものによっては何らかの病気の初期の症状としていびきが起こっているものもあります。病気のサインを見過ごさないためにも、どのような病気との関係があるのか知っておきましょう。

いびきの治療方法を知っておこう

いびきで悩んでいる人にとって、いびきの症状が改善されることは非常に嬉しいことです。精神的にも、肉体的にもより健康になることができるでしょう。近年では、いびきもきちんと治療すれば治るものになってきています。どのような治療方法があるのか、まとめていきます。